映像加工で放送休止のTBS「消えた天才」8日は「世界の珍獣プレミア映像」に差し替え 15日以降は未定

[ 2019年9月5日 16:25 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 TBSは5日、ドキュメンタリーバラエティー番組「消えた天才」(日曜後8・00)の放送を一時休止することを発表し、謝罪した。8月11日放送の番組内容において、リトルリーグ全国大会で全打者三振の完全試合を達成した当時12歳の少年の試合映像を放送した際、映像を早回しすることで実際の投球よりもストレートの球速が速く見える加工を行っていたことが分かったため。

 8日も2時間半スペシャルの予定だったが、「大陸横断!世界の珍獣プレミア映像」に差し替え。15日以降について、同局は「未定」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月5日のニュース