ひふみん、五木ひろしと初デュエット イモトうなる「これほど仙人感のある人には…」

[ 2019年9月4日 13:24 ]

「イモトのWiFi」新CM発表会に出席した(左から)イモトアヤコ、五木ひろし、加藤一二三・九段、アンミカ
Photo By スポニチ

 海外通信サービス「イモトのWiFi」の新CM発表会が4日、都内で行われ、宣伝部長のイモトアヤコ(33)らが出席した。

 この日は“新メンバー”としてアンミカ(47)と、“ひふみん”こと将棋の加藤一二三・九段(79)も登場。加藤九段はCMソングを歌う五木ひろし(71)との初デュエットも披露した。

 熱唱をアンミカからほめられると、加藤九段は顔を真っ赤にして照れつつも「対局の合間にも、よく歌っていたんですよ」と告白。「ちゃんとクラシックの先生のレッスンを受けたこともあるんです。先生は『あなたの声はテノールで、音程も外れていません』と言ってくれましたよ」と“歌好き”をPRした。

 ベテランの五木が「いやいや…やっぱり将棋を打つ人は“時間”がわかってるんですよ。ここで打つとか、指すとか。それが加藤さんの歌の魅力につながっている」と、ていねいにフォロー。“宣伝部長”のイモトも「(加藤は)まるで仙人のよう。これほど仙人感のある人には海外でもなかなかお目にかかれない」とコメントした。

 さらに五木が加藤九段の歌について「加藤さんのように“MyWay”じゃないと将棋も強くなれない。その“MyWay”が歌にも出ている」と繰り返すと、加藤は「そうなんですよ。僕はどんな名人と戦う前でも『負ける』と思ったことは、一度もありません」と断言。加藤九段のコメントに全員が深くうなずき、共感していた。

 「イモトのWi-Fi」新CMは5日から放送。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月4日のニュース