“金八先生”武田鉄矢、ジャニーさんは「最高の教育者」教え子たちの愛称える

[ 2019年9月4日 14:01 ]

<ジャニー喜多川さんお別れの会>会場入りする武田鉄矢(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川(本名喜多川擴=きたがわ・ひろむ)社長(享年87)の「お別れの会」が4日、東京ドームで執り行われ、俳優で歌手の武田鉄矢(70)が参列した。

 国民的人気ドラマ「3年B組金八先生」で、たのきんトリオや風間俊介、KAT―TUN亀梨和也ら多くのジャニーズタレントと共演。武田は「ジャニーさんの息子たちを預かって、生徒役で凄く頑張ってくれました。お世話になりましたとお礼を言いに来ました」とコメントした。

 東京ドームでのお別れ会に「野球の好きなジャニーさんのために息子さんたちが考えてくれた。家族の思いが伝わってきました」とニッコリ。

 ジャニーさんについて「私はドラマなどで教育者となりましたが、ジャニーさんは一世一代の大勝負だったと思うが、資本を注ぎ込んで若者に懸けた。若者の持てる力に全てをささげた教育者でした。最高の教育者です」と称えた。

 「『YOUやっちゃいなよ』という言葉が素晴らしいですよね。このご時世、若者には『気をつけろよ』『大事にな』と伝えてしまいそうなのに『YOUやっちゃいなよ』と。(クラーク博士の)『青年よ、大志を抱け』のように、どこか広い丘の上にステージをさすような銅像を建ててほしいですね。それがエンタメ界を目指す少年少女たちのランドマークになると思う」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年9月4日のニュース