岡田准一「晴れ男を極めたい」もスカイツリー点灯式で降り出しそうな雨に「ジリさんが一緒だと…」

[ 2019年5月20日 20:19 ]

「白い巨塔」オリジナルライティングの点灯式とトークイベントに出席した岡田准一(左)と沢尻エリカ
Photo By スポニチ

 V6の岡田准一(38)と女優の沢尻エリカ(33)が20日、東京・墨田区の東京スカイツリーで行われた「白い巨塔」オリジナルライティングの点灯式とトークイベントに出席した。同イベントはテレビ朝日開局60周年を記念して22日から5夜連続ドラマスペシャル山崎豊子「白い巨塔」(後9・00~)の放送を記念しての東京スカイツリーとのスペシャルコラボ企画。21日まで2日間限定で真っ白に輝く東京スカイツリーが見られる。しかし外はあいにくの曇り空。自称「晴れ男」の岡田にはヒヤヒヤした雰囲気の点灯式となった。

 同作は大阪の大学病院を舞台にした医療ドラマを超え、人間の本性に迫る作品。医療界の頂点を目指す財前五郎役を岡田、その愛人の花森ケイ子役を沢尻が演じた。沢尻はドラマとイベントに合わせ白い清楚なドレスで登場。ダークスーツ姿の岡田は「僕も白い衣装着てきたほうがよかったですね。間違えました」と下を向いたが、MCから「沢尻さんの白いドレスが引き立つ色」とフォローが入り、微笑んだ。

 今月8日に行われた制作発表記者会見で沢尻が岡田との「いきなりはじまる濃密なラブシーン」について紹介すると、大きな話題に。「ジリさんがそういうこと言うからですよ」と岡田。「初日から愛人。さすがジリさんすべて受け手止めてくれて」と岡田が言うと、「そこはオカさんがリードしてくれて…」と返し、初共演を経て、いつの間にか「ジリさん、オカさん」と呼び合う仲になっていた。

 頂点を極める男・財前にちなんで、岡田がこれから極めていきたいことについて問われると「晴れ男を極めたい。現場では重宝されるんです」とし、「だいたいロケでは晴れることが多い」と言うものの、この日はいまにも雨が降り出しそうな天気。「ジリさんが一緒だと…」と言うと、「私も晴れ女なんですけどね」と沢尻。ちなみに岡田と沢尻が二人で訪れた淡路島の海辺の素敵なレストランのロケは「曇りのち雨」、沢尻が参加していないドイツのロケでは「ほぼ雨」だったという。岡田が首をかしげると、会場は笑いに包まれた。

 また、沢尻が「お芝居の頂点を極めていくのが目標」と語ると、岡田は「自分を極めたい、というのはありますね。いつか年を重ねていったときに若い世代の人から、あのおじいちゃんカッコいいよね、って言われたら頂点かな」と話すと会場は拍手で包まれた。

 東京スカイツリー展望デッキフロア35では27日まで、ドラマに使用した衣装や小物などの特別展示が行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月20日のニュース