細川たかし 新曲発表イベントで「おそろしい16歳」新弟子・彩青お披露目

[ 2019年5月20日 18:25 ]

新弟子・彩青(右)の活躍に期待する細川たかし
Photo By 提供写真

 演歌歌手細川たかし(68)が20日、都内で新曲「冬嵐」(22日発売)の発表イベントと、弟子・彩青(りゅうせい、16)のデビュー発表イベントを同時に行った。

 王道演歌の新曲を披露した細川は「きょうは間違えずに歌えた」と笑顔。「前回の曲では毎回間違えたから、詞を短くさせた。簡単で覚えやすい。それでいいんです」と裏側を明かして笑わせた。弟子の彩青については、細川は「同じ北海道出身で、11歳で弟子になった。声変わりを乗り越えきて、尺八も津軽三味線もできるおそろしい16歳」と紹介した。

 登場した彩青は、6月26日発売のデビュー曲「銀次郎旅がらす」を歌唱した。緊張した面持ちもあったが、イントロで尺八を吹くと気持ちが乗った様子でしっかりを歌いきった。「間違えずに歌えました!」と嬉しそうに言うと、細川も「ハッハッハ」と喜んで目を細めた。

 彩青は5歳で民謡を習い始め、7歳から津軽三味線も始めた。小6の11歳の時に「歌うまキッズ」としてテレビ番組に出演した際に、細川と出会った。弟子になると尺八の習得にも励み、変声期を乗り越えてデビューへとこぎつけた。藤井聡太七段、フィギュスケートの紀平梨花選手と同じ2002年生まれ。「師匠からは“ハタチを過ぎてからデビューかな”と言われていたので、昨年に“16歳でいこう”と言われたときは驚きと喜びでした」と振り返った。

 細川は「北海道が生んだ、俺の後を継げる天才」と太鼓判を押した。彩青は「聴いて下さる方が元気になって、笑顔になって、エールを送れる歌手になりたい。師匠のように歌で感動させ、しゃべりで笑いをとりたい」と抱負。目標については「今年の日本レコード大賞の最優秀新人賞が目標。師匠は新人賞を取って、紅白歌合戦にも出てるので、紅白歌合戦にも出たい」と大きな夢を掲げた。これには細川も驚きながら「夢は持ったほうがいい」と後押ししていく構えだ。

 細川はまた、自身の弟子ら細川ファミリーで「チーム細川」を結成することを発表。監督には野球評論家の野村克也氏(83)を招へいした。野村氏は細川の持ち歌「望郷じょんから」が大好きで、故・沙知代夫人とともに細川と親しくしてきた。

 野村氏はルーキーの彩青の清々しい表情を見て「プロ野球に入った頃を思い出した。道のりは厳しいけど、目標があるからいいよね」とエール。「環境が人を育てる。聞く限りは最高な環境だと思う。夢があるから期待してます」と活躍を楽しみにしている。
 チームのメンバーは、演歌歌手の杜このみ(29)、細川のものまねでブレークした「こぶしたかし」ことレイザーラモンRG(44)と彩青の3人。細川は「俺は4番でエースでいいか?」と笑いながら、「みんなでコンサートをやることを考えてる」と今後の活動の構想を明かした。「令和の時代は弟子に食わせてもらう。老後に楽をするためにどんどん弟子を出して、左うちわで暮らしていく」と本音?を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月20日のニュース