「なつぞら」TEAM NACSの飲み会?安田顕&戸次重幸&音尾琢真3ショット、ついに実現!ネット歓喜

[ 2019年5月20日 19:00 ]

連続テレビ小説「なつぞら」第43話。番組初の3ショットが実現した(左から)TEAM NACSの安田顕、戸次重幸、音尾琢真(C)NHK
Photo By 提供写真

 北海道発の演劇ユニット「TEAM NACS」に所属する俳優の安田顕(45)戸次重幸(45)音尾琢真(43)が20日放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)第43話に登場。同一シーンで共演を果たした。ドラマ開始以来、3人の同一シーン共演は初。インターネット上には「TEAM NACSの飲み会状態」などと歓喜の声が相次いだ。

 女優の広瀬すず(20)がヒロインを務める節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(51)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。

 第43話は、アニメーターを目指して上京するなつ、菓子職人の修行のため上京する雪次郎(山田裕貴)の送別会と北大に合格した夕見子(福地桃子)の祝賀会が、帯広の菓子店「雪月」で一緒に行われた。

 安田が演じるのは、雪月の店主で雪次郎の父・小畑雪之助。戸次が演じるのは、なつの幼なじみ・天陽(吉沢亮)の父・山田正治。音尾が演じるのは、柴田牧場で働く戸村菊介。送別会&祝賀会には柴田家、小畑家、山田家の面々が勢揃いしたため、3人の共演がついに実現した。

 約4秒のシーンだが、3ショットも実現。安田が戸次と音尾にビールをつぎ、音尾はお団子を食べながら談笑。SNS上には「TEAM NACSの3人がとうとうワンカットに収まるって胸熱だぁ」などの書き込みが続出した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月20日のニュース