吉岡秀隆「僕は毎日泣いてばかりの子供だった」 映画「こどもしょくどう」で共演の子役絶賛

[ 2019年3月24日 09:15 ]

映画「こどもしょくどう」の初日舞台あいさつを行った(左から)吉岡秀隆、常盤貴子、藤本哉汰、鈴木梨央、古川凛
Photo By スポニチ

 女優の常盤貴子(46)、俳優の吉岡秀隆(48)が23日、都内で共演映画「こどもしょくどう」(監督日向寺太郎)の初日舞台あいさつに登壇した。

 貧しい子供たちのよりどころとなる食堂店主を演じた吉岡は「僕は毎日泣いてばかりの子供だったけれど、今の子供たちはなんて凄いんだろうと思う」と主演の藤本哉汰(15)、鈴木梨央(14)ら子役たちを絶賛。その妻役の常盤は「現代社会を描いた、今見るべき映画です」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月24日のニュース