【明日3月25日のまんぷく】第146話 売れない新ヌードル、福子が市場調査を行うと…

[ 2019年3月24日 13:00 ]

連続テレビ小説「まんぷく」第146話。スーパーマーケットで「まんぷくヌードル!これ、おいしいのよねぇ!」と他の客に向けて演技をする福子(安藤サクラ)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の安藤サクラ(33)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜前8:00)は3月25日、第146話が放送される。

 ついに「まんぷくヌードル」が発売された。発売してすぐに、仲間たちから絶賛され、萬平(長谷川博己)と福子(安藤)の苦労は報われたかと思われたが、売り上げが全然伸びない。原因は100円という「値段の高さ」と指摘され、社内では価格を下げる提案も出るが、萬平は決して認めない。しかし、その後も売り上げは伸び悩み、福子が変装してスーパーで市場調査を行ったところ…。

 朝ドラ通算99作目。大河ドラマ「龍馬伝」、フジテレビ「HERO」「ガリレオ」「海猿」などのヒット作を手掛けた福田靖氏のオリジナル脚本。インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代の大阪で明るくひたむきに生き抜く福子(安藤)とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平(長谷川)の波乱万丈の物語を描く。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月24日のニュース