相田翔子「世間では“終わった人”だと…」Wink解散後「落ちぶれたね」の一言で奮起

[ 2019年3月24日 12:48 ]

相田翔子
Photo By スポニチ

 元「Wink」で歌手の相田翔子(49)が24日、フジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。ユニット解散後の休業期間中、ショックを受けたという、自宅マンションの管理人から言われた言葉について語った。

 8年の活動をへて「Wink」は1996年に解散。相田はソロで活動する自信がなかったため、事務所に土下座までして引退を直談判したという。その際、レコード会社側から「作詞作曲をやったら」との助言があり、もともと制作活動に興味があったこともあり、2年間の休業期間に作詞、作曲に取り組んだ。

 シングル、アルバムをそれぞれ2枚づつ発表し「大満足だった」と相田。それでも、管理人からは「ずいぶん、落ちぶれたね」と言われてしまったという。

 「この言葉が世の中の言葉。テレビに出ていないから、世間では“終わった人”っていう。ショックで、すごい腹も立って1週間泣いていました」と当時の衝撃について述懐。それでも、「一念発起して『テレビに出ます』って事務所に走っていった」と奮起し、現在に至っていると明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月24日のニュース