キネマ旬報社選出 男女の主演賞を“安藤サクラ&柄本佑”夫婦が受賞

[ 2019年2月5日 05:30 ]

女優の安藤サクラ
Photo By スポニチ

 キネマ旬報社は4日、2018年に公開された日本映画の1位に是枝裕和監督「万引き家族」を選出し、発表した。外国映画はマーティン・マクドナー監督「スリー・ビルボード」。

 主演賞は女優が「万引き家族」の安藤サクラ(32)、男優が「きみの鳥はうたえる」などの柄本佑(32)で夫婦での受賞となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月5日のニュース