ガリチュウ、コンビ格差埋まらず? 福島がコンビでのブレイク拒否「一人のほうが…」

[ 2019年2月5日 16:18 ]

都内で行われた牛角「みんなの肉の日」発表会に出席したガリットチュウ(左から熊谷岳大、福島善成)
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ガリットチュウ」が5日、都内で行われた牛角「みんなの肉の日」発表会に出席。福島善成(41)は船越英一郎(58)や元貴乃花親方(46)などのものまねでブレイク。2019年はコンビで売れたいという相方の熊谷岳大(40)の主張を「一人のほうがやりやすい」と一蹴した。

 この日は元貴乃花親方に扮して登場した福島。6日から牛角の店舗で実施される「みんなの肉の日」キャンペーンのPRのため、期間中に提供される神戸牛をトングで持ち「八角親方をにらめつけるように見ています」などとジョークを飛ばし、笑いをさらった。

 一方、「今後食レポをやりたい」と新境地の開拓に意気込む熊谷は、神戸牛を実食し「まさに口の中でアイドルコンサートが開かれているよう」と彦摩呂ばりのドヤ顔を見せたが、失笑。また、報道陣からギャグをリクエストされ、イソジンのテレビCMソングの替え歌を披露するも会場は変な空気に。

 福島は「カメラ止めてもらっていいですか。ギャラは1:9で」と呆れ顔だった。それでも熊谷はめげずに「2019年は認められるように頑張りたい。コンビだったのにいまや師匠と弟子になっているので、この関係を変えていきたい!」と格差をなくす努力を宣言。すかさず福島は「お断りします!」と拒否していた。

 牛角のキャンペーン「みんなの肉の日」は2月6日から28日まで実施。神戸牛のほか、2.9キロものカルビの山盛りが全国の店舗で登場する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月5日のニュース