加藤浩次 波紋広がるロフトのバレンタイン広告「ただのおもしろユニット」

[ 2019年2月5日 13:45 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(49)が5日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月〜金曜前8・00)の生放送に出演。生活雑貨店チェーン「ロフト」が展開した広告キャンペーンが波紋を呼んでいる件について言及した。

 問題となっているのは、ロフトが1月21日に公開したバレンタインデーの広告動画やポスター。「女の子って楽しい」というコンセプトのもと、前面には派手な髪色や服装の女性5人の仲良さげに寄り添う姿が描かれている一方で、裏面にはお互いの服や髪をつかみいがみあっている姿が。この特徴的なデザインに「女性蔑視を感じる」など批判の声が上がっていることから、ロフトは4日に動画を削除するなどキャンペーンを中止し、お詫びの文章を公式サイトに掲載した。

 加藤は、今回の描写について「女性全員がこうだって思う人なんているのかな?」と批判が上がっていることに疑問の様子。「昔からいる、あるある軍団のユニットでしょ?このキャラクターが一般的か?ただのおもしろユニットでしょ」と語った。また、「批判があるなら取り下げるべき」という声を受けて、企業側の判断の基準についても言及。「問題ありという声が1でもあれば取り下げるという企業もあれば、100でも取り下げない企業もある。そこは見極めないといけないのかな」と話した。

 同番組に出演していた「ハリセンボン」の近藤春奈(34)とフリーアナウンサーの高橋真麻(37)は、今回の動画について、同じ女性の立場から「あるあるだと思う」と口を揃えた。一方で、高橋は「今回は壮大にスベったっていうだけの話…」と苦笑していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月5日のニュース