広瀬すず「あんなに精巧な“なつ”とってもうれしい」

[ 2019年2月5日 06:05 ]

「第70回さっぽろ雪まつり」を初訪問し、朝ドラ「なつぞら」で自身が演じるなつの雪像と対面した広瀬すず(C)NHK
Photo By 提供写真

 NHK連続テレビ小説100作目となる「なつぞら」(4月1日スタート、月〜土曜前8・00)に主演する女優の広瀬すず(20)が4日、「第70回さっぽろ雪まつり」の開会式にゲスト参加した。

 「なつ」を模した雪像も登場。朝ドラを題材にした雪像が作られたのは初めて。高さ3メートル、幅3メートル、20トン分の雪を使って10日間で作り上げたという。広瀬は「あんなに精巧な“なつ”を作っていただけたこと、とってもうれしく思っています。雪まつりの会場は、寒さの中にも熱気がありました」と感激した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月5日のニュース