霜降り明星 インフル休養明けもR―1準決勝進出 せいや多忙で「免疫力が落ちてるって言われた」

[ 2019年2月5日 22:12 ]

インフルエンザでの休養から復帰し「R−1ぐらんぷり」に無事出場でき、ピースサインの「霜降り明星」のせいや(右)と粗品
Photo By スポニチ

 インフルエンザでの休養から復帰した漫才コンビ「霜降り明星」が5日、大阪市内で開かれたひとり芸日本一決定戦「R―1ぐらんぷり」に出場し、そろって準決勝進出を決めた。

 2人は先月31日にインフルエンザと診断され3日まで休養、4日に仕事復帰した。キャンセルが危ぶまれたR―1準々決勝にも間に合い、元気にネタを披露して爆笑をさらった。出演後、せいや(26)は「人生初のインフルでした。病院で38・9℃ぐらいあった熱も2日で下がり、しっかり休んだんで大丈夫です」と報告した。M―1グランプリ優勝後、休みなく働いたせいか「医師から免疫力がめちゃめちゃ落ちてるって言われた」と告白。復帰するなり過密スケジュールで「容赦ないっすね」と苦笑した。

 準決勝では「ゼロから新しいのをやります」と新ネタで挑むことを明かした。粗品とそろって決勝進出が目標だが、「夢の夢ってくらい難しい」と予選突破の過酷さも口にした。

 粗品(26)も出演後、「もうピンピンしてます!」と完全復活をアピールしていた。準決勝は15日、大阪・なんばグランド花月で。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月5日のニュース