宝塚星組トップスター紅ゆずる&トップ娘役の綺咲愛里 次回の大劇場公演で退団

[ 2019年2月5日 16:24 ]

紅ゆずると、綺咲愛里
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団の星組トップスター紅(くれない)ゆずると、トップ娘役の綺咲愛里(きさき・あいり)が10月13日、次回の大劇場公演「GOD OF STARS―食聖―/Eclair Brillant」の東京公演千秋楽を最後に退団することになった。5日、同劇団が発表した。2人は6日、会見を行う。

 紅は大阪市出身。02年に初舞台を踏み星組配属。遅咲きではあったが華やかな舞台で人気となり16年11月、トップ就任。お笑いのセンスやアドリブ力も抜群で、昨年には台湾公演で主演を担うなどした。

 綺咲は兵庫県川西市出身。10年に初舞台を踏み星組に配属。16年11月、紅と同時にトップ娘役に就任した。

 2人のサヨナラ公演は兵庫・宝塚大劇場で7月12日〜8月19日、東京宝塚劇場で9月6日〜10月13日。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月5日のニュース