大杉漣さん、亡くなる23日前に映画出演 居酒屋の主人をいなせに演じる

[ 2019年2月5日 05:30 ]

「ゴクドルズ」に居酒屋の主人役で出演した大杉さん(C)2009映画「ゴクドルズ」製作委員会
Photo By スポニチ

 21日に一周忌を迎える大杉漣さん(享年66)が亡くなる23日前に友情出演した映画「Back Street Girls―ゴクドルズ―」(監督原桂之介)では、居酒屋の主人をいなせに演じている。

 人気漫画を実写映画化した作品は、不始末を起こした極道3人組が組長の思いつきでタイで性転換&全身整形手術を施されてアイドルに変身…という奇想天外なコメディー。

 製作の伊藤秀裕氏が親交のあった大杉さんに出演を依頼すると「この日の午前中なら空いてます」と話し、昨年1月29日の浅草ロケに参加した。伊藤氏は「大杉さんは“映画界の座敷わらしでありたい”と言っていた。少しでも時間が空いたら芝居の世界にいたい人だった」としのんだ。白洲迅(26)らが出演し、8日公開。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月5日のニュース