「変幻自在」カメレオン俳優 中村倫也の「唯一無二」進化論

[ 2019年2月5日 10:00 ]

本紙のインタビューに答える中村倫也(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 【夢中論】硬軟自在に演じ分け「カメレオン俳優」の異名を取る中村倫也(ともや、32)。昨年、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」での好演を機に遅咲きのブレークを果たした。10年以上、自分を見失わず原動力としてきたのが「生きる化石」と呼ばれる古代魚のペット。そこには中村流の独特な進化論があった。

 リビングに置かれている横幅90センチの巨大水槽に、飼い始めて13年になるペットがいる。アフリカの淡水魚「ポリプテルス」だ。30センチ1匹と20センチが2匹。全てオスだ。一番大きい“ボス”は、泳ぎ回らずジッとしていて風格が漂う。

 「獲物が来るのを待ってるんですよ。口をパクパクさせて、たまにあくびもする。水槽を指でなぞると獲物だと思って追っかけてきたり、面白いんですよ、こいつは」

 親しみを込めて「こいつ」と呼ぶ。飼育で大変なのは水替え。飼育水のバクテリア量など、環境を急変させないため、替えるのは半分。月1回、20リットルのポリタンク4つとバケツ2つを使って作業する。

 「つぎ足しつぎ足しで菌をちゃんと保つ。ぬか床みたいなものです。慣れれば1時間で終わりますよ」

 元々、深海魚が大好き。ただ、水圧の問題などで飼えないため「同じような変な生き物はいないかな」と探すうちに行き当たった。ポリは「多い」、プテルスは「ひれ」を意味し、10枚ほどの硬い背びれが特徴。「古代魚の生き残り」と言われ、エラ呼吸だけでなく肺呼吸もする。

 「訳の分からないところが好き。1億5000万年前から進化していないと言われているのに、現存しちゃっているのが面白い」

 母親が動物や昆虫が好きで、幼少期からよく飼っていた。小学生の時、自宅リビングにハムスターの飼育ケージがたくさん並び置かれていたことから、友達に「ハムスター団地」と呼ばれていた。今もハムスターを飼い、ネット上でウサギの動画を深夜まで見て癒やされている。

 「動物って生きるための理屈でしか動いていないじゃないですか。余計なことを考えていない。そういうのを見ると、余計なことしか考えていない人間としては心が洗われるんですよ」

 動物にも昆虫にも人間にも同じ目線を向ける。「みんな同じ土俵という感覚だから、人とかみ合わないことがあるんです」と笑う。

 くしくも自身は「カメレオン俳優」と例えられる。DV夫やプロ棋士、貴婦人など、役柄ごとに全く違う表情を見せるからだ。異性まで器用に演じ分けられるのは、その独特な“目線”が大きく影響している。

 「僕は自分の役を美化も卑下もしない。どんな役でも“単なる一つの生き物”と同じ目線で見ている。いろんなことに対して等間隔なんですよね。人とも動物とも役柄とも」

 どんな役に対しても心構えが同じ。そのフラットな目線こそ、中村の最大の武器だ。05年にデビューし、大きな転機を迎えたのが昨年。“ゆるふわ”なモテキャラを演じた「半分、青い。」だ。

 「朝ドラって凄いですよね。知らないおじいさんに“君!出てるね、朝に”って声を掛けられました」

 「中村倫也」がネット検索されることが増え、昨年の「ヤフー検索大賞」の俳優部門を受賞。知名度が一気に増した。朝ドラ以前も出演作は多かったため多忙ぶりは変わらないが、役者としての意識は大きく変わった。

 「海には潮の流れがあるんだと気づきました。これまではただ船をこいできたけど、これからは潮目を読んで風を受けて帆船にならないといけない」

 自分がどう見られ、何を期待されているのか。世の求めに応じて演じていく、ワンステップ“進化”した役者になろうとしている。「カメレオン俳優はどう進化する?」と聞くと「カモノハシになりたいですね」と、再び柔和な表情に戻って動物の話を熱っぽく語りだした。

 「童顔な見てくれだけど、オスは足のツメに猛毒がある。ハイスペックな能力も持っていて凄いんですよ。今年はカモノハシ俳優って言ってもらえるように頑張りたい」

 毒を持つだけでなく、ほ乳類なのに唯一、卵を産むのがカモノハシだ。何色にでも変わる「変幻自在」から「唯一無二」の俳優へ。どう進化していくか、楽しみだ。

 《深キョンと「収まりよく、はみ出しつつ》 中村は深田恭子(36)主演のTBSドラマ「初めて恋をした日に読む話」(火曜後10・00)に出演中。先月22日の第2話から本格的に登場すると「かっこよすぎ」と話題になった。東大受験に失敗した主人公の予備校講師の女性が、受け持った男子生徒の東大合格を目指すストーリー。見どころは恋愛模様で、中村が演じるのは、主人公が人生で唯一告白されたことがある高校の同級生。男子生徒の担任として主人公と偶然再会する。中村は役作りのために久々に茶髪に染め「収まりよく、かつ、はみ出しつつ演じたい」と意気込んだ。

 ◆中村 倫也(なかむら・ともや)1986年(昭61)12月24日生まれ、東京都出身の32歳。05年、映画「七人の弔」でデビュー。舞台「ヴェニスの商人」(13年)やNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(14年)などに出演。昨年8月に写真&インタビュー集「童詩」を発売。1メートル70。血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年2月5日のニュース