人気コスプレイヤー伊織もえ ビキニより「素顔が恥ずかしかった」

[ 2019年1月26日 11:31 ]

ファースト写真集「ぼくともえ」発売記念サイン本お渡しイベントに出席した伊織もえ
Photo By スポニチ

 コスプレイヤーの伊織もえが26日、都内の書店でファースト写真集「ぼくともえ」発売記念サイン本お渡しイベントを開いた。

 ゲームキャラクターのコスプレを中心に活動し始めて今年で4年目。昨年からグラビア活動も開始した。写真集には、コスプレ姿はなく、ありのままの姿だけなことに「恥ずかしかった」と顔を赤らめた。

 海外でも人気の伊織だが、初めての写真集は日本国内でのロケにこだわったという。「温泉があるところで、きれいな場所を探していたら鹿児島、奄美大島になりました」と話す。温泉入浴中のすっぴん顔やビキニ姿も披露。「露出については問題なかったのですが、コスプレのときはいつもキメ顔なので、笑っている顔とかを見せるのが恥ずかしかったです」と明かした。「彼女と一緒に旅をしている」というのがコンセプトだという。

 また、今回の写真集の出来ばえは「80点です。カメラマンスタッフさんは100点満点なのですが、自分自身がまだ足りないところがいっぱいあった」と振り返る。これまでは刺身が食べられなかったというが、現地で食べてみると「おいしくて食べ過ぎてしまって…」と告白。「ご飯をたくさん食べ過ぎると、顔の形が変わってしまうくらい、むくみやすくて…」と反省した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年1月26日のニュース