SMAP最後の聖地が移転 解散当日“最後の晩さん”の焼き肉店 ファン殺到も…

[ 2019年1月26日 20:45 ]

SMAPメンバーが集まった焼き肉店が入居するビル=2017年1月撮影
Photo By スポニチ

 SMAP最後の聖地と言われる東京・六本木の焼き肉店「炭火焼肉 An」が29日をもって移転することが26日、分かった。

 同店はミッドタウン近くにある高級店。SMAPが解散した当日の16年大みそかに、木村拓哉(46)を除く4人と元メンバーの森且行(44)が食事会を開催。その後は「メンバーと同じメニューを食べたい」「同じ空気を吸いたい」というファンが殺到。予約が取りにくい状況が続いた。タレントの堺正章(72)が内装などをプロデュースしたことでも知られ、稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(41)が17年11月に出演したAbemaTV「72時間ホンネテレビ」では店内で堺との対談も行われた。

 同店のホームページでは「この約10年、いろいろな出来事がありました」などと回想。「移転先が決まりましたら改めてご報告いたします」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年1月26日のニュース