見取り図 今も悔しいM―1の9位…上沼恵美子の助言生かし「新しい漫才を」

[ 2019年1月26日 16:24 ]

アポロビルでのイベントで漫才を披露する「見取り図」の盛山晋太郎(左)とリリー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「見取り図」が26日、きんえいアポロビル(大阪市阿倍野区)でお笑いイベントに出演し、漫才を披露した。

 昨年末はMBSテレビの名物ネタバトル「オールザッツ漫才」で優勝、今月14日には「上方漫才協会大賞」獲得と好調の2人。だが、昨年初の決勝進出を果たした「M―1グランプリ」での9位という結果はかなり心残りだったようだ。

 今回が同ビルの耐震補強工事完了記念イベントだったことにかけ、盛山晋太郎(32)は「審査員から“ダメ出し”された部分をすべてあらためてネタを補強し、今年は優勝を目指したい」とアピールした。審査員・上沼恵美子(63)から「(漫才の)前半が古い」と指摘されていたため、「2019年は新しい漫才を披露できればと思います!」と力を込めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月26日のニュース