杉咲花 インフル欠席の新田真剣佑気遣う「早く元気になって」

[ 2019年1月26日 15:15 ]

映画「十二人の死にたい子どもたち」の公開記念舞台あいさつに出席した(前列左から)橋本環奈、北村匠海、杉咲花、高杉真宙、黒島結菜、(後列左から)堤幸彦監督、古川琴音、渕野右登、吉川愛、萩原利久、坂東龍汰、竹内愛紗
Photo By スポニチ

 女優の杉咲花(21)らが26日、都内の映画館で「十二人の死にたい子どもたち」(監督堤幸彦)の公開記念舞台あいさつに出席した。

 集団安楽死を求めて12人の未成年が廃病院に集結。しかし、そこにまだ生温かい死体が発見される。「誰が殺したのか?」死体と犯人をめぐり、うそと騙し合いが交錯する密室サスペンスの撮影ということで、時には重苦しい雰囲気が漂っていたという現場。トークセッションでは、タイトルにちなんで、登壇者がそれぞれに「十二人の××したい子どもたち」を発表した。

 杉咲は「12人の“もぐもぐしたい”子どもたち」と回答。北村匠海(21)や橋本環奈(19)ら共演者は、意味不明な言葉に一瞬戸惑う様子を見せると、杉咲が「じつは新田(真剣佑)さんが大量のピザを差し入れてくださったんです。皆食べたでしょ?」と説明すると、一同は納得。しかしそのときは「重たいシーンが多かったので、皆おのおので食べていたんです」とし、公開を迎えたいまは「みんなで楽しく食べたいな」と微笑んだ。

 「ゲームがしたい」などと回答したのは、高杉真宙(22)や北村、吉川愛(19)。世代のせいか、ゲーマー好きが集まった現場だったとも。「この現場を機にまっけんもゲームをはじめた」と北村が明かした。

 きょうはインフルエンザのため、欠席した新田真剣佑(22)。杉咲は「きょうはちょっと残念なんですけど。早くピザ食べられるくらい元気になってほしい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月26日のニュース