NGT暴行 28日にも第三者委立ち上げ、2月中結論も

[ 2019年1月26日 05:30 ]

NGT48劇場の研究生公演を前に事件について謝罪した早川麻依子支配人
Photo By スポニチ

 NGT48の山口真帆(23)が男2人に暴行被害を受けた事件を調査する第三者委員会を、運営側が週明けの28日にも立ち上げることになった。25日、新潟市の専用劇場で早川麻依子支配人(44)が明らかにした。

 早川氏は15日ぶりに再開した劇場公演の開演前に登壇。客席に向かい「お騒がせしてしまい申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 関係者によると、第三者委は外部の弁護士や有識者らで構成。運営会社AKSの顧問弁護士は入らない。メンバーの不適切な言動や行動の有無、それが事件に影響したかどうかなども調査し再発防止策を検討する。結論が出る時期は未定だが、運営側は速やかに調査を進める方針で早ければ2月中にも公表する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月26日のニュース