eスポーツ LJL改革でよしもとも参戦 新たに賞金総額2700万円

[ 2018年12月26日 22:29 ]

 コンピューターゲームで腕前を競うeスポーツの世界的タイトル「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ(LJL)の2019年開催概要が26日、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで発表された。今年のeスポーツ市場の成長を追い風に、4年目のリーグ戦となる来年は改革を敢行する。

 目玉は賞金の新設だ。リーグ戦の開催が「Spring」「Summer」に分かれており、それぞれの優勝チームに1000万円が贈られる。MVP賞受賞者を含め賞金総額は2700万円になる。

 競争力を強化してリーグ全体のレベルの底上げも図る。新たに3チームが加わり8チームで戦う。試合形式も昨年まで採用していた2本先取制から1本先取制に切り替えた。主催者でゲームを手掛ける「ライアットゲームズ」の小宮山真司代表取締役は「1試合で勝敗を分ける。緊張感を持って切磋琢磨していく」と狙いを説明。「日本代表が世界で結果を出すことが究極の目標だ」と世界で優勝争いできるチームを送り出せるリーグに成長することを願った。

 来年からは新たに運営に、eスポーツ事業に力を入れる「よしもとクリエイティブエージェンシー」とゲーム業界専門の広告代理店「プレイブレーン」が加わる。スポンサー収入、プレー動画配信の放映権料、チケット・グッズ売り上げなどを柱として参戦1年目から黒字化を目指す。3社に加え、アマゾンジャパンが特設サイトをこの日から立ち上げ、観戦チケットなどを売り出している。

 今年の優勝チームで世界大会でも善戦した「デトネーション・フォーカスミー」のエース格で「皇帝」の異名をとるセロス選手は発表会の壇上で「連覇目指して頑張りたい」と意欲を燃やした。この日の会場となったよしもと∞ホール(収容220人)で来年1月19日の開幕戦から毎週リーグ戦が行われることについて「多くのファンを前にして試合できるのが楽しみ」と早速気合いが入っていた。

 「リーグ…」は世界で競技人口1億人以上と言われ、先月開かれた1年で最大のビッグイベント「ワールズ」は賞金総額約7億2000万円だった。公式リーグは日本のほか北米、中国、韓国、ヨーロッパなど14地域ある。1年で「MSI」「ワールズ」と2つの世界大会が開催され、各地域の優勝チームが出場する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年12月26日のニュース