がん闘病Nosuke 25年ぶりの丸刈り 妻misonoのバリカンには恨み節!?「一生頼まないぜ」

[ 2018年12月26日 11:05 ]

Nosukeの妻で歌手のmisono
Photo By スポニチ

 「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のために闘病中であることを公表した、歌手misono(34)の夫でプロドラマーのNosuke(29)が26日、自身のブログを更新。抗がん剤治療の副作用で髪が抜け始めたため、25年ぶりに丸刈りにしたことを明かした。

 Nosukeは今月16日に精巣がんを公表、18日に左の睾丸を摘出し、現在は抗がん剤治療を行っている。

 26日に「実は……」と題してブログを更新。現在は、血液検査の結果が安定し、少し前から外出許可が出ていること、投薬治療は1クール目が終了して来年の2クール目に向け休養と体力作りをする段階であることを明かした。

 その一方で、「報告があるとすればついに髪の毛が抜け始めて来ました。髭も抜けますし、下の方も…。結構ごっそり抜けるんですね。猫くらい抜けます。猫の毛、抜いたことありますか?」と抗がん剤治療の副作用で髪が抜け始めたことを告白。抜け毛で「部屋は汚れるし、排水溝は詰まるし、ドライヤーで散らかしまくりになってしまう」からと、misonoらにバリカンで丸刈りにしてもらったことを報告した。

 「ボウズなんて実に25年ぶり」とドキドキしながら鏡を見たら、頭頂だけを中途半端に刈り込んだ姿に。その写真も投稿し「この野郎もう一生頼まないぜ」と妻たちのいたずらに対して“恨み節”をこぼすが、この後、きれいに切りそろえてもらったことも報告。

 「この日は喋ることが出来ないほど笑いました」と楽しいひと時だったことを明かし、misonoや仲間たちへの感謝をつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月26日のニュース