南キャン山里、コンビが和解できたワケ「しずちゃんが圧倒的に…」

[ 2018年12月26日 11:54 ]

「南海キャンディーズ」山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(41)が25日放送のTBSラジオ「たまむすび」(月〜金曜後1・00)に出演。不仲だった相方“しずちゃん”こと山崎静代(39)と和解できた背景に、相方の人としての大きさを挙げた。

 14日に放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)で、しずちゃんへの嫉妬心や、自身がしてきた嫌がらせの数々を告白し、謝罪と感謝の思いを伝えていた山里。放送後、虫垂炎で休養したが「休んだところを埋めたのが相方っていうのが、ドラマがあって」と、自身のラジオ番組で、しずちゃんが代役を担当したことを振り返った。

 パーソナリティーの赤江珠緒アナウンサー(43)が「あんなにこじれてても和解できるのね、人って」と驚く中、「そうね。相方が圧倒的に大人だったっていうのがあるけどね。それがないと無理じゃない?やっぱり」と雪解けとなった要因を説明。ただ、赤江アナからは「しずちゃんが『私にも悪いところが』って言ってたけど、一方的に山ちゃんが悪かったと思う」と指摘され「6対4じゃない?」と抵抗してみたものの「6対4じゃないと思いますけど」とあっさり否定され、タジタジとなっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年12月26日のニュース