元おニャン子・内海和子、心変わりし娘のアイドル活動応援「やるならやり遂げる」

[ 2018年12月17日 15:05 ]

元「おニャン子クラブ」の内海和子(写真は02年撮影時)
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「おニャン子クラブ」の元メンバーで、タレントの内海和子(51)が17日放送のフジテレビ「ノンストップ!」(月〜金曜前9・50)で、ホラーパンクアイドル「XTEEN」としてデビューした娘・ゆりあんぬ(23)に対する思いを語った。

 ビジュアル系バンドに憧れ、大学生の頃から個性のある服装や髪型にするようになったゆりあんぬに対し、内海は「おかしいんじゃないかって人格を否定したこともあった」と娘の変化に苦悩した日々を述懐。それに対し、ゆりあんぬは「やりたいことは曲げられない」と主張するなど、互いの思いが衝突していたという。

 しかし、夢を追う娘に、大学の先生などから冷たい反応が寄せられたことで、アイドル活動に前向きではなかった内海の心は変わっていったという。「なぜそこまで言われなきゃいけないんだろうって。苦しめていたのは私たちの方じゃないのか」と感じるようになり、あらためて娘と向き合い、活動を後押しするようになった。

 内海は、ゆりあんぬに対し「自分の個性をちゃんと前に出している」と評価し「やるならやり遂げる。自分の生きる力にして欲しい」とこれからのアイドル活動にエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月17日のニュース