自虐はひな壇でやって…ナイツ塙「THE W」出場芸人に苦言「ネタはネタで作らないと」

[ 2018年12月17日 14:43 ]

「ナイツ」の塙宣之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(40)が、笑いの女王を決める「女芸人No.1決定戦 THE W」の出場者に「ネタはネタでちゃんと作らないと」と苦言を呈した。

 15日放送のTBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)では10日に行われた「THE W」についてトークを展開。塙は「女性があれだけいると、予選の段階から“女性のこと”をネタにする人が多すぎる。同じだもん。だいたいが『ブスだから』『もてなくて』っていう」と、容姿など自身を卑下する自虐テーマが多いと指摘した。

 相方の土屋伸之(40)が「女芸人には面白い人がいっぱいいる」と話す中、塙は続けて「(THE Wでは)フリートークと同じことをやってるから、ネタはネタでちゃんと作らないと。消費する一方なんで。『私、彼がいなくて…』とかは、ひな壇でやってほしい」と苦言。「やっぱりネタはネタで、ちゃんと作った方がいい」と、最後までネタ作りの重要性を口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年12月17日のニュース