高輪ゲートウェイだけじゃない…マツコがネーミングセンスにダメ出し3連発「超ダサい」

[ 2018年12月17日 18:08 ]

タレントのマツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(46)が17日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MXの「5時に夢中!」(月〜金曜後5・00)に生出演。カタカナの入った東京都内の一部駅名を「超ダサい」とぶった斬った。

 番組では、JR山手線の新駅名に決まった「高輪ゲートウェイ」について特集し、ネーミングのプロや鉄道マニアに取材。マツコは今月10日放送の「5時夢」出演時には「この駅名、恥ずかしくて言いたくないよね」「抵抗がある」と「高輪ゲートウェイ」の新駅名に首をひねり、個人的には池尻大橋パターンで「高輪芝浦」が良かったと発言していたが、その“続報”としてこの話題を取り上げた。

 番組にVTR出演した鉄道マニア4人にアンケートを取ると、1人は「高輪ゲートウェイ」に反対の意を唱えたが、残る3人は「従う」とし「鉄道会社が決めたルールの中で遊ぶ」のが鉄道ファンだと主張する人も。これには「従順ね〜!」と思わず感嘆の声を挙げたマツコ。マツコ推奨の「高輪芝浦」についてマニアの1人が「さすがだなと思った」とそのネーミングセンスを評価すると、「ほら〜っ!」とうれしそうな表情を見せた。

 そして、一部にカタカナが入った東京都内の駅名について話は飛び火。東京臨海高速鉄道「りんかい線」では「品川シーサイド」「天王洲アイル」「東京テレポート」と3駅連続でカタカナの入った駅名が続くが、「そもそももうカタカナ良くない?」という鉄道マニアの意見にマツコは「分かるわー!超ダサい」と感服。

 VTRが終わると「おっしゃっていること全部すっと入ってきたわ。品川シーサイド、天王洲アイル、東京テレポートの並びはもう恥ずかしすぎる。カタカナもそうだし、東京テレポートって何?」と声を張り上げ、「あいつらと結婚しようかな」と意見の合った鉄道マニアたちに興味津々だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月17日のニュース