ウルフルズ 今秋大阪文化芸術フェス参加 松井知事に“競演”リクエストも「いや…」

[ 2018年5月21日 17:58 ]

「大阪文化芸術フェス2018」のキックオフイベントで野外ライブを行うことになった「ウルフルズ」の(左から)ジョンB、トータス松本、松井一郎大阪府知事、サンコンJr.
Photo By スポニチ

 大阪出身のロックバンド「ウルフルズ」が今秋行われる「大阪文化芸術フェス2018」のキックオフイベントに出演することになり21日、同市内で松井一郎府知事(54)の会見に出席した。

 同フェスは9月29日〜11月4日まで、大阪各所で上方の伝統芸能やアート、音楽などを集中的に実施するもので、開催は昨年に続き2回目。「ウルフルズ」は初日の29日に万博記念公園で野外ライブを行う。

 ボーカルのトータス松本(51)は早速、低音の渋い声でPRする松井知事に「お声がいいので、歌ったらどうですか?ボクら演奏しますよ」とライブでの“競演”をリクエスト。これには松井知事も「いや。“歌だけはやめとけ”と死んだおじいさんに遺言で言われたんで…。お墓参りに行って許しを得てから…」としどろもどろ。

 それでも「八尾出身ということなんで『河内のオッサンの唄』なんてどうですか」と畳みかけるトータスに松井知事は「いや、あの歌は一部のエリアが出過ぎてしまうんで…。それも死んだおじいさん、おばあさんに了解を得てから」と、最後まで歯切れが悪かった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年5月21日のニュース