津川雅彦「すべてに感謝」3年間介護 愛しているからこそ残しておけなかった

[ 2018年5月21日 05:30 ]

朝丘雪路さんとの思い出を語る津川雅彦(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 女優、歌手、舞踊家と幅広く活躍した朝丘雪路さんが4月27日にアルツハイマー型認知症のため82歳で死去していたことが明らかになり、夫で俳優の津川雅彦(78)が20日、東京・六本木のテレビ朝日で心境を語った。「僕が先に死んで彼女を残すよりはいい結果になった。それも含めて、すべてに感謝しています」と声を振り絞った。

出演予定のドラマの衣装合わせでテレ朝を訪れた津川は、昨年秋にかかった肺炎の影響で鼻にチューブを入れた状態で会見場に姿を見せた。取材も椅子に座って応じた。

 「(体調は)大丈夫じゃないね。こんなかっこうをして大丈夫だって言ったら、うそになるでしょ」と弱音。45年間連れ添った恋女房を失った心労の大きさをうかがわせた。

 朝丘さんは5年ほど前からアルツハイマー型認知症を発症。それまでは別居生活を送っていたが、3年前に施設に頼ることなく自宅に引き取って介護を続けてきた。「僕より先に死んでくれて良かった」の言葉は、最後まで自分で面倒を見てあげられた安ど感が本音となって出てきた言葉だろう。その自宅で息を引き取ったことについても「良かった。(最期は)やすらかな顏でした」と話した。

 次第に記憶が薄れていく日々。思い出すのもつらそうで「病気の詳細のことはしゃべらない。勘弁願えますか」と口をつぐんだ。会話もままならなかったようで、最後に交わした言葉は数カ月前。「“あら”と…。僕を見てね。それも俺と分かっていてしゃべったかどうか…」と首をかしげた。

 不倫の末の大恋愛で結ばれ、1973年に結婚。津川は「僕は遊びましたからね」と結婚生活についても包み隠さず明かしたが、朝丘さんは焼きもちを焼くこともなく遊ばせてくれたという。女優、歌手、舞踊家…と4歳年上の姉さん女房はたくさんの顏を持っていたが「僕にとっては“女優”でした」ときっぱり。その上で「悔いはいっぱいあるけれども、感謝です。(事業に失敗した時に)家を売ってくれたこと。娘を産んでくれたこと、僕より先に死んでくれたことも含めて、すべてに感謝。感謝だらけです」としみじみと語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月21日のニュース