松坂桃李 恋みくじ大吉にニンマリ「どんな出会いがあるのやら」

[ 2018年5月21日 13:13 ]

「日本ダービーロード」オープニングイベントに出席した松坂桃李
Photo By スポニチ

 俳優の松坂桃李(29)と女優の土屋太鳳(23)が21日、都内で行われたJRA「日本ダービーロード」(26日まで、新宿モア4番街Aゾーン)のオープニングイベントに出席した。

 第85回日本ダービー(G1)前に運試しができる同スポットと、“もっとも運のいい馬が勝つ”という格言がある同レースにちなみ、最近のラッキーにまつわるエピソードを聞かれた松坂。先日、バラエティー番組のロケで京都に行ったそうで「清水寺で恋おみくじをやったんですよ。そうしたら大吉でした」と嬉しそうに明かし、「(おみくじを引いた際は)僕1人だったので恥ずかしかったんですけど、大吉が出まして、内心、全部大吉なんじゃないかと思ったんですけど、(それでも)嬉しいんですよ。ラッキーと思って、その日は気分がちょっと上がりましたね」と笑顔を見せた。そして「どんな出会いがあるのやら」と期待に胸を膨らませていた。

 一方、ラッキーアイテムやラッキーナンバーを持っているか尋ねられた土屋は「好きな数字は8なんですけど、女優になるキッカケとなったオーディションでエントリーナンバーが11番だったので、11もラッキアイテムとして大事にしています」とニッコリ。イベントでは、そんな土屋が、同スポットのコンテンツの1つである“ダービーラッキーくじ”を引いて運試しを体験する一幕も。大きな馬のセットの口に中に頭を突っ込んでくじを引いた土屋は「頭まで入れることなんて、なかなか体験できることじゃないですね。すごくパワーと元気と気合をもらった気がします」と目を輝かせた。

 第85回日本ダービーへ向けての意気込みを聞かれ、昨年、同レースを経験し、馬券を的中させた松坂は「あれほどの高揚感を味わったことがない」と吐露し、「今年も自分が参加できると思うと嬉しいですし、去年も当てたということで、今回も当てたいなというか、当てるぞという意気込みで挑戦しようかなと思っています」と力を込めた。土屋は「昨年も素敵な時間を共有させていただいたので、今年も冷静に、熱く、狙いを定めて行きたいと思います!」と気合を入れた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月21日のニュース