【明日5月22日の「半分、青い。」】第44話 鈴愛との思い出の河原へ 律と正人が“男の会話”

[ 2018年5月21日 13:00 ]

連続テレビ小説「半分、青い。」第44話の1場面。律(佐藤健、左)は鈴愛と糸電話や水切りをした川へ正人(中村倫也)を連れていく(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)は22日、第44話が放送される。

 実家に戻った鈴愛(永野芽郁)を東京に連れ戻すため、律(佐藤健)と正人(中村倫也)を引き連れて秋風(豊川悦司)が岐阜までやってきた。何事かと恐る恐る姿を表した鈴愛の前で、秋風は突然頭を下げ、失くなったと思っていた新作構想メモが見つかったことを告げて謝罪。鈴愛は今まで「オフィス・ティンカーベル」で募った不満を述べるとともに、ここぞとばかりに秋風に“ある要求”を突きつける。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

 【+α】秋風とともに岐阜を訪れた律と正人。律は鈴愛との思い出が詰まった河原へ正人を連れていき“男の会話”を繰り広げる。何を語り合うのか。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月21日のニュース