PR:

藤井六段、杉本七段と視線合わさず…公式戦初の師弟対決始まる

第68期王将戦の1次予選2回戦、杉本昌隆七段(手前左)と藤井聡太六段(右)の対局には多くの報道陣が駆けつけた
Photo By スポニチ

 中学生棋士の藤井聡太六段(15)が8日、大阪市内の関西将棋会館で指された第68期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の1次予選2回戦で、師匠・杉本昌隆七段(49)との公式戦初となる師弟対決に臨んだ。

 午前9時35分、先に対局室に入ろうとした杉本が「上着を掛けるところがないな…」とこぼして一度、外へ。その5分後に藤井が先に、そこから2分遅れて杉本が入室した。

 注目度の高さを示すように、テレビカメラ11台を含む23社50人の報道陣が駆けつけた。開局前の対局室内には、ピリピリとした空気が漂った。

 盤をはさんでお互いに時折、相手の方をチラッとは見るものの、視線は決して合わさない。軽妙トークと明るいキャラクターで普段、テレビの将棋解説で人気を集めている杉本だが、この日は厳しい表情で、口元をギュッと引き締めながら終始無言。対する藤井も普段の対局と少し勝手が違う感覚なのか、壁掛け時計を見る回数がいつもより多い。

 午前10時、記録係が「時間になりました」と告げるが、先手番になった杉本はなかなか初手を指さない。扇子を手に取り、何か物思いにふけるように目を閉じるなどし、2分後にようやく【先】7六歩を打ち込んだ。師匠の一手を見定めてから藤井は熱いお茶を一口すすってから、【後】8四歩と応じた。杉本は中飛車を選択し、得意戦型で弟子に立ち向かった。

 2月に四段から立て続けに昇段を果たした藤井は、1日の対局で公式戦連勝を13に伸ばすなど現在、絶好調をキープ。師匠に勝って“恩返し”を果たすかが注目を集めている。

 持ち時間は各3時間で夕方以降に終局の見込み。対局の模様はインターネットの「将棋プレミアム」で生中継されている。

[ 2018年3月8日 11:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月22日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル