藤井六段 師弟対決の“勝負ランチ”は親子丼&冷やしうどん

[ 2018年3月8日 11:34 ]

“師弟対決”勝負メシ。弟子の藤井六段は関西将棋会館近くにある「やまがそば」の親子丼(冷やしうどん付き、830円)
Photo By スポニチ

 中学生棋士の藤井聡太六段(15)と杉本昌隆七段(49)による公式戦初の師弟対決が実現した、第68期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の1次予選2回戦。8日、対局している大阪市内の関西将棋会館で両対局者が選んだ昼食の“勝負メシ”は、藤井が会館近くにある「やまがそば」の親子丼(冷やしうどん付き、830円)、杉本が「小雀弥(こがらや)福島店」のそば定食(いなり寿司付き、800円)だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年3月8日のニュース