PR:

藤井六段、慢心なし「さらに活躍していかねば」対局後は師匠となごやかな感想戦

杉本七段(右)との師弟対決に勝ち、感想戦を終え、深々と頭を下げる藤井六段
Photo By スポニチ

 中学生棋士の藤井聡太六段(15)が8日、大阪市内の関西将棋会館で指された第68期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の1次予選2回戦で、師匠の杉本昌隆七段(49)と公式戦初の師弟対決に臨み、111手で勝利を収めた。

 杉本の先手で始まった対局は、59手目で千日手に。指し直し局では、四間飛車に構えた杉本に対し、居飛車の藤井は王を穴熊に囲う。杉本の端攻めをかわした藤井は、相手の攻め駒を巧に封じながらカウンターで徐々にリードを広げ、反撃を狙う杉本を封じ込めた。

 対局後は両者ともに穏やかな表情に。どんな心構えで臨んだのかと聞かれた藤井は「楽しみにしていた。対局については、いつもどおりの気持ちで臨んだ。とてもいい経験になったと思う」と振り返った。

 敗れた杉本も「藤井六段とこういう場で指せるのはいい記念になった。勝負としては残念だが、素晴らしい1日になり(藤井に)お礼を言いたい」と感無量の面持ち。指し直し局の展開については「こういう形にしたことはあまりなかったです。あまりなかったよね?」と笑顔で藤井に聞くような場面も。インタビュー終了後は、師弟による普段の指導対局のようななごやかな感想戦が進められた。

 藤井は「こうして公式戦で対局することができて嬉しい。これからもさらに活躍していかねばと思う」とおごることなく、師匠の前でさらなる成長を誓った。

[ 2018年3月8日 19:22 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:07月21日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル