ユカイ 「犬神家の一族」バースデーケーキに「ちょっと怖い」

[ 2018年3月6日 21:14 ]

スケキヨ像と一緒に角川映画シネマ・コンサートをアピールした(左から)松崎しげる、大野雄二氏、ダイアモンド☆ユカイ
Photo By 提供写真

 アニメ「ルパン三世」の音楽で知られる作曲家大野雄二氏(76)、歌手の松崎しげる(68)とダイアモンド☆ユカイ(55)が6日、都内で「角川映画シネマ・コンサート」制作発表に出席した。

 角川映画初期を代表する「犬神家の一族」(76年)「人間の証明」(77年)「野生の証明」(78年)のハイライト映像と、3作品のテーマ曲を手がけた大野氏が率いる約50人のオーケストラによる生演奏で構成される同コンサート。松崎とユカイは映像音楽の巨匠から指名を受けてゲストボーカリストに迎えられた。

 松崎は「ルパン世代」を自負しながら大野氏について「日本のミュージシャンの中でも本当に憧れの存在。その人と一緒にステージができるのは凄く嬉しい」と興奮を抑えきれない様子で語った。

 CMなどで松崎と一緒に何度か仕事したことがあるという大野氏も「声がバシン!とくる感じが凄い。松崎さんらしく歌ってもらいたい」とエール。ユカイとはこれまで接点がなかったものの「やってみたかった。彼なら面白くなるんじゃないかなって思ってね」とステージ上でどんな化学反応が起きるか楽しみな口ぶりだった。

 また、12日に56回目の誕生日を迎えるユカイのために「犬神ケーキ」が登場。「犬神家の一族」で遺体の足だけが池に浮かぶ不気味な場面を再現したもので、ユカイは「ちょっと怖い感じ。中から何も出てこないですよね?殺されたり?」とたじろぎながら松崎に食べさせてもらい「こんな素敵な先輩に囲まれて、こんな怖いケーキ初めて」と笑顔を見せた。

 コンサートは4月13、14日に東京国際フォーラムで開催される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月6日のニュース