美川憲一 左足くるぶし骨折、新曲発売日に手術…「笑って」

[ 2018年3月6日 05:30 ]

新曲のCDを手にしながら骨折した左足を見せる美川憲一
Photo By スポニチ

 左足関節外果(外くるぶし)を骨折した歌手の美川憲一(71)が5日、都内で会見した。「笑ってちょうだい」と言いながら車いすで登場。

 2月4日に階段を踏み外して骨折し、新曲「春待ち坂」の発売日の同7日に患部にプレートを入れる手術を受けたという。同曲には「夢につまずき 転んでも」という歌詞があり「自分で転んでどうすんのよ」と苦笑いした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年3月6日のニュース