マツコ 吉永小百合の存在感に圧倒「なかったはずの男の部分が…」

[ 2018年3月6日 22:08 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 女優の吉永小百合(72)が6日、TBS系「マツコの知らない世界」(後8・57)にゲスト出演。MCのマツコ・デラックス(45)は国民的大女優の雰囲気に終始圧倒され続けた。

 「マツコさんにお会いすると思って眠れなかった」と語る吉永に対し、マツコは「もしかしたら人類で一番離れた立場にいる人と話している」と言い、「今日、あたしは間違いなく日本の頂点に触れている」と宣言。

 吉永のスタッフのおいが、同番組のスタッフという縁で今回の出演が実現。「今日はどんな質問にもお答えいたします」と銘打ち、吉永小百合の女優人生を振り返るために大きなセットを用意したが、そのセットの前で2人が一緒に立つと、マツコは「身長も違うし、幅も3分の1しかないけど、負けないでしょ?」とその存在感に驚き、さらに吉永と一瞬見つめ合った瞬間、上目遣いに見られたことで「私の中になかったはずの男の部分が…」と感動していた。

 一方、吉永のスタッフからの証言で「激しく喧嘩してもそれを翌日に持ち越さない」という裏話を明かされ「言い合いになった後に相手から返事をもらわないと眠れない」と説明。「都内の道に詳しく『さゆりナビ』と呼ばれている」ということについては、マツコは「私と(吉永と)一緒です」と同調し、「私もこんな分かりやすく(女装を)やってるんだけど、めちゃくちゃ(中身は)野郎なんです。だからもう決定です。吉永さんはこんなにお美しいけれど中身もう野郎、江戸っ子です。」と断定した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月6日のニュース