八光 父・八方の上方落語協会会長就任を否定「誰がなってもいい」

[ 2018年3月6日 07:37 ]

月亭八光「約20周年記念祭り」開催発表

「約20周年記念祭り」を開催する月亭八光
Photo By スポニチ

 上方落語協会の次期会長選挙について八光は自らの父である月亭八方の会長就任を否定した。

 03年から8期目の会長を務める桂文枝(74)は16年に演歌歌手・紫艶(39)、50代女性との8年間にわたる不倫疑惑を報じられた。周囲には「今回のことでも迷惑をかけた。これまでの道筋はつけたので後進に譲りたい」と6月での退任を示唆しているという。「落語家は皆、落語が好き。だから、誰がなってもいい。親父?ならんでしょ、本人が」と否定していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月6日のニュース