ヒルクライムDJ 音楽活動休止へ、大麻裁判 懲役8月求刑

[ 2018年3月6日 05:30 ]

 ヒップホップユニット「Hilcrhyme(ヒルクライム)」で「DJ KATSU」として活動し、大麻取締法違反(所持)の罪に問われた斎藤桂広被告(38)=新潟市東区=は5日、静岡地裁(杉田薫裁判官)で開かれた初公判で起訴内容を認めた。検察側は懲役8月を求刑し、弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審した。判決は19日。

 斎藤被告は法廷で「当面は音楽活動をせず、新潟県で飲食店経営に専念する。関係者、ファンに申し訳ない。反省し日々精進したい」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月6日のニュース