辻さん 1月のインタビューで強調「メインは芸術家」 転身理由も語る

[ 2018年3月6日 08:08 ]

第90回アカデミー賞 辻一弘さん日本人初メーキャップ賞 ( 2018年3月4日    米ハリウッド )

1月、自身がメークを担当したゲイリー・オールドマンのポスターの前でポーズをとる辻一弘さん
Photo By スポニチ

 スポニチ本紙は1月下旬、キャンペーンのため帰国した辻さんを大阪市内でインタビューした。

 芸術家に転身した理由について「あと40年映画の仕事を続けていても幸せに死ねない。やるなら今だと思い、芸術家の道を進んだ」と説明。「芸術家の仕事は、自分から動かないと何も生まれない。自分で毎日何が起こるかを決め、人生をセルフコントロールしている。より人生の意味がはっきりしてくる」と話した。

 今作で大きな注目を集め、映画のオファーが舞い込んでいると明かし「芸術家の仕事に投資していきたいから、状況さえ合えば利用していこうと思う。でもメインは芸術家」と強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月6日のニュース