宮澤佐江 2・5次元キャラに「なんかアイドルみたい」

[ 2016年11月1日 21:09 ]

「朱鷺宮佐江」に扮した宮澤佐江

 元AKB48の宮澤佐江(26)と男性ダンス&ボーカルグループ「アルスマグナ」が1日、都内で新曲リリースイベントを行った。

 宮澤は2・5次元のキャラクター「朱鷺宮佐江」に扮して参加。「mihimaruGT」のカバー「気分上々←←feat.SAETOKIMIYA」を1000人のファンを前にパフォーマンス。大歓声を浴びた。

 リーダーの神生(かのう)アキラ(年齢非公開)は「ダンスサウンドにアレンジしたので、みんなで盛り上がって楽しもう」とアピール。AKBで鍛えた激しいダンスを披露した朱鷺宮は「みんな大好きだぜ!なんかアイドルみたい」とはしゃぎ、AKB48のヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」のフリも披露し、ファンを喜ばせた。

 宮澤が扮する「朱鷺宮佐江」は2・5次元の世界ではメンバーの榊原タツキの幼なじみでバスケットボール部の部長という設定。それにちなみメンバーとフリースローで対決する一幕も。負けた方が一発ギャグを披露するということなったが、朱鷺宮は見事勝利。負けた榊原は今人気のピコ太郎の「PPAP」を披露し、ファンの笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年11月1日のニュース