作曲家の嵐野英彦さん死去 「鉄人28号」や石原裕次郎さん映画音楽

[ 2016年11月1日 13:35 ]

 作曲家の嵐野英彦(あらしの・ひでを)さんが10月14日に死去した。81歳。京都府出身。葬儀・告別式は近親者で執り行った。1日、ピティナ(一般社団法人全日本ピアノ指導者協会)の公式サイトで発表された。

 「当協会理事の嵐野英彦先生が10月14日に永眠されました。享年81歳。謹んでご冥福をお祈りいたしますとともに、ご遺族の皆さまに心からお悔やみ申し上げます。故人の遺志により、葬儀は既に近親者で行われました」と報告された。

 嵐野さんは東京芸術大学作曲科を卒業。在学中の1959年、ABC朝日放送ホームソングコンクール(クレハホームソングコンテスト)で作曲奨励賞を受賞し、日本初のコマーシャルソングを作ったことなどで知られる作曲家・三木鶏郎氏にスカウトされた。

 三木鶏郎音楽工房の作曲・編曲家として活躍し、森永製菓「ピポピポ」など数多くのCM音楽を手掛けた。そのほかテレビアニメ「鉄人28号」などのBGM、石原裕次郎さんが出演した「泣かせるぜ」などの映画音楽などで知られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年11月1日のニュース