ガガ 9回目の来日 注目の“空港ファッション”は控えめ

[ 2016年11月1日 18:14 ]

大胆に背中が開いた衣装で来日したレディー・ガガ

 米歌手レディー・ガガ(30)が1日、成田空港着の航空機で来日した。10月21日に世界同時発売したニューアルバム「ジョアン」のプロモーションのためで、ツアーを行った2014年8月以来、9回目の来日。「日本の皆さんのために戻って来られてうれしいわ。日本のファンのことがすごく恋しかったわ」と笑顔を見せた。

 本名の一部をタイトルにした「ジョアン」は、“ありのままの私”をさらけ出した初の自伝的アルバムで、テーマは「人間回帰」。それだけに毎回注目を集めてきた“空港ファッション”は、これまでに比べれば控えめ。全身黒ずくめで、背中が大きく開いているものの、下はパンツルック。ストレートの長い金髪を結い、アルバムジャケットを彷彿とさせるピンクのハットをかぶって登場した。

 しかし、ファンサービスはこれまでと変わらず。駆けつけた約300人から「ジョアンコール」で迎えられると、写真撮影やサインに応じるなど約10分間にわたり、ファンとの触れあいを楽しんだ。

 滞在期間は最大で6日間。2日に都内で会見するほか、民放番組に出演などする予定。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年11月1日のニュース