国分第1子誕生をジュニアが“フライング報告” テレビ欄は縦読みで「太一父になる」

[ 2016年11月1日 08:42 ]

縦読みすると「太一父になる」となるTBS「ビビット」のテレビ欄

 TOKIOの国分太一(42)に第1子となる女児が誕生したことが分かった。1日、司会を務めるTBS「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)で生報告した。

 番組冒頭で国分が報告しようとすると、なんと共演の千原ジュニアが「子どもができたことを発表しないと」と“フライング報告”。国分は「下手くそか!私が緊張していたのはなんなんですか!」とツッコんだ上で「改めまして私事ですけれども昨日パパになりました」と第1子誕生を明かした。

 国分は出産に立ち会い「生まれた瞬間を見ることができました」と笑顔。「今気づいたんですけど、生まれてすぐに掛けた言葉っていうのが“こんにちは”って言ってたんですよ」と告白。「“こんにちは、赤ちゃん”て、本当に言うんだなって思って」とのエピソードを明かし「そういうことで(歌が)できたのかもしれませんね。本当そう思いました」と話した。

 また「僕が教育するというよりは、子供にいろんなことを教えてもらいたい。まだ見たこともない世界もたくさんありますので、子供と一緒に成長できたらなと思います」と、父親になった意気込みを語った。また「番組スタッフが今日のビビットのラテ欄をすごくおしゃれに作ってくれた」とテレビ欄を縦読みすると「太一父になる」というスタッフからの“プレゼント”も披露した。

 さらに“フライング報告”のジュニアに対して「ジュニアさん、早く産んだほうがいいよ。もうちょっと大人になれると思う」とツッコミ。また、テリー伊藤は出産と同時刻に同じ病院にいたそうで「風邪ひいていた。だったら分娩室行けばよかったなあ」とボヤく場面も。これに国分は「すみません、テリーさん。迷惑です」と返していた。

 番組の最後には出演者らが「今年の漢字」を発表。国分は「産」と記し、「今日発表させてもらったので『産』という字を。今年1年はやっぱりこれになるのかな」と充実した表情でその理由を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年11月1日のニュース