視聴率は広島の勝ち!シリーズ第6戦 広島54・9、札幌50・8%

[ 2016年11月1日 05:30 ]

日本シリーズ第6戦で8回に満塁弾を放ったレアード

 日本ハムが広島を破り、日本一を決めたプロ野球日本シリーズ第6戦の平均視聴率(日本テレビ系、29日)が、広島地区(広島テレビ)で54・9%、札幌地区(札幌テレビ)で50・8%だったことが31日、ビデオリサーチの調べで分かった。瞬間最高視聴率は広島地区は68・3%、札幌地区では66・5%。いずれも日本ハムが6点を勝ち越した8回表の攻撃中だった。

 広島地区の第6戦の平均視聴率54・9%は第3戦(広島ホームテレビ、25日)の59・6%に次ぐ同地区の日本シリーズ歴代2位。また、1962年開局の広島テレビ全番組の歴代最高視聴率。これまでの同局の最高は86年9月24日の巨人対広島戦、91年10月13日の広島対阪神戦で記録した54・3%。一方、第6戦の関東地区の平均視聴率は25・1%で瞬間最高視聴率は34・8%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年11月1日のニュース