すっちー 座長就任1周年 飴で月収も3倍アップ

[ 2015年6月23日 16:01 ]

アメをばらまく、すっちー(中央)

 吉本新喜劇座長のすっちー(43)が23日、大阪・なんばグランド花月で、座長就任1周年を記念した特別公演初日(29日千秋楽)に出演した。

 西部劇がテーマで、荒くれ者が暴れ回る小さな町を舞台に、賞金稼ぎ役のすっちーが奮闘するドタバタ劇。漫才コンビ「ビッキーズ」(07年解散)時代からのアメをばらまくパフォーマンス、座員の吉田裕(35)の乳首を叩き棒でイジる「乳首ドリル」、「歌ネタ王決定戦2013」で優勝した松浦真也(38)との歌ネタなど、おなじみギャグを立て続けに披露して場内を沸かせた。

 昨年6月の座長昇格後、明石家さんま(59)とテレビ共演するなど関西を中心に大フィーバー。グッズ「すち子のねぶり飴」(税別350円)が1年間で15万袋以上売れるなど月収も3倍にアップした。すっちーは「あっという間の充実した1年でした。そして1周年記念公演、皆さんに支えられた公演となりました」と感謝。「松浦だけはグダグダ…。曲も間違えるし、足を引っ張られました」と後輩をネタにして笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年6月23日のニュース