今くるよ 安藤キャスターと臨時コンビ結成!?持ち芸「どやさ」伝授

[ 2015年6月23日 15:39 ]

相方・今いくよさんとの思い出を語った今くるよ

 5月28日に胃がんのため亡くなった漫才コンビ「今いくよ・くるよ」の今いくよさん(享年67)の相方、今くるよ(68)が23日、フジテレビの情報番組「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・55)に生出演。司会を務める安藤優子キャスター(56)との臨時コンビ結成を約束した。

 番組では1980年の「花王名人劇場」での漫才芸のVTRを紹介。安藤キャスターが、くるよの持ち芸“どやさ”を知らないことを告白すると、その場で“どやさ”の動きを徹底指導。伝説の芸を伝授された安藤キャスターが「コンビを組んでくれませんか」と直訴すると、くるよも「臨時漫才。いいですねえ。コンビ名は“優子・おくる”でどう?」とノリノリで応えた。

 今後もコンビ名は変えず「『今いくよ・くるよ』を続けたい」ときっぱり。ただ、漫才に関しては「支え合い助け合って、2人で1つだから」と考えていないという。くるよ1人としては「女優、歌手、マジシャンとしてやっていこうかな」。最後は「いくよちゃんの夢は見ないけど、今でも“頑張りまし”と背中を押してくれているのを感じる」と相方への変わらぬ思いを口にしていた。

 いくよさんは昨年9月、胃がんであることを公表。手術のために休養していたが12月に舞台に復帰、治療を続けながら活動を継続し、先月月上旬まで舞台に立っていたが再び体調を崩し、28日に大阪府内の病院で亡くなった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年6月23日のニュース