今くるよ いくよさん死去から1カ月 隣にいる人おらず「寂しい」

[ 2015年6月23日 15:09 ]

相方・今いくよさんとの思い出を語った今くるよ

 5月28日に胃がんのため亡くなった漫才コンビ「今いくよ・くるよ」の今いくよさん(享年67)の相方、今くるよ(68)が23日、フジテレビの情報番組「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・55)に出演。いくよさんへの思いや闘病生活での秘話について語った。

 訃報から1カ月過ぎたが、いまだに「ものすごく寂しい」。この日も大阪から上京する際、いつも横にいたいくよさんがおらず「あ、1人なんだと思った。頑張ろうとは思うが、やはりさみしい」と悲しみが癒えていないことを伝えた。

 闘病するいくよさんを朝から晩まで支え、最期も看取った。くるよは実はこれまで2度の大病を経験、1度は本番中の舞台上だった。漫才の途中で気を失い倒れ込んだくるよを、いくよさんが手で受け止めてどん帳を下ろさせたという。「私の命の恩人。だからその恩返しの気持ちだった」

 仲のよいコンビとして有名だが、舞台でウケなかった時にはけんかもしたという。「いくよちゃん、気が強くて。終わったあとに後ろから頭バーンって叩かれて…。そこから“やるかあ”みたいな」。また、高校のソフトボール部時代を振り返り、「いくよさんは努力の人。ここ一番で結果を出してきた。私とはそこが違う」と懐かしそうに話した。

 いくよさんは昨年9月、胃がんであることを公表。手術のために休養していたが12月に舞台に復帰、治療を続けながら活動を継続し、先月月上旬まで舞台に立っていたが再び体調を崩し、28日に大阪府内の病院で亡くなった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年6月23日のニュース