1年半前に橋本環奈の初主演予約「やっと彼女に見合うタイトルができた」

[ 2015年6月23日 17:06 ]

原作者の赤川次郎氏(左)から「目高組」の看板を送られる橋本環奈

 アイドルユニット「Rev.from DVL」の橋本環奈(16)が23日、都内で行われた主演映画「セーラー服と機関銃―卒業―」(2016年春公開)の製作発表会見に出席した。

 まさに橋本環奈ありきで決まったという本作。製作総指揮の井上伸一郎氏(56)が橋本と出会ったのは1年半ほど前。2013年11月、ネットでアップされた1枚の写真から橋本が「天使すぎるアイドル」として大きな話題をさらった当時、井上氏もその写真がきっかけで事務所の連絡を取り、福岡でのライブに足を運んだという。

 そこで橋本の「熱意」に一目惚れしたといい、「初主演を予約をしてしまった。1年半経って、やっと彼女に見合うタイトルができた」と念願叶っての企画であることを明かした。橋本は本作が映画初主演となり、今後は女優としても本格的な活動をスタートさせることになる。「一つのイメージとらわれず、どんな役でも幅広く演じられるような女優さんを目指していきたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年6月23日のニュース